« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

お父さんの歴史

 こんばんは。

 隊員 加井です。

 本日、おやすみのため、読書の時間を作ろうとするも…

 非常にねむく、1日中ごろごろと過ごした

 ねすぎ…愛犬も一緒にごろごろと

 その合間に、先週購入した

 「娘に語るお父さんの歴史」を読書

 これが面白い!

 著者の重松清さんは岡山出身

 プロフィールを調べてみると、さまざまな分野で活躍

 幼少の頃の様子も知る事が出来た

 軽快なタッチで娘との歴史の語り合いが表現されている

 主人公が生きてきた時代を振り返りながら

 時の小旅行をしている気分

 読みやすく、親しみやすい作品だと思う

 2009062800390000

 「歴史」と「思い出」の違い、娘に語るお父さんの歴史

 こんな話が親になった時に子供と出来たらな…と思い

 父とお酒を酌み交わしたくなった

 今年は祖父の初盆

 実家に帰り、芋焼酎を父と(いい時間だろうなぁ)

 しか〜し、父は九州男児なのに焼酎をのむと一瞬でねてしまう

 じゃ、日本酒か…

 

 お酒をのみながら、読書もいいもんだ

 風にあたりたくて、インターネットカフェまで自転車でドライブ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

最高の贅沢を考えてみれば

 あまり人の来ない温泉で、お湯につかっては、本を読み、また

お湯に入っては本を読む。

美味い料理と美味い酒を飲み夢うつつで本を読む。

 やっぱり理想は一人がいいなあ。

 そんな将来を確かに見据えて、まあ、今日は家の風呂で半身浴。

身軽になった分、より一層このイベントを楽しみたい。

さあ、次のプレイベントは

       何にしようか? どんどんいきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

太宰治検定 やってみました

空中一箱古本市でも お世話になった南陀楼綾繁さんが

今月号の文藝春秋に 「70点で人間失格 太宰治検定」 を掲載されてます。

全50問(一問正解ごとに2点)で、70点以上なら

 評価 :立派な「人間失格」ですが、太宰とは友達になれるでしょう。

と、いうことらしいです。

太宰作品をたいして読んでいない私も、立派な「人間失格」を目指し、

挑戦してみましたが・・・、上級篇は、ほぼ全滅。

 結果 : 48点

 評価 : やや陰があります。

なんとも地味ーな結果ですが、まぁ、こんなもんでしょう。

本当は「検定の結果を6月19日に報告する」と、友人に話してたのに

当日、飲みに行った先で楽しく飲みすぎてしまい、更新が遅れました。

こちらも地味ーに「人間失格」気味。

今日は、仕事終了後、自宅で11月7日8日のイベントチラシを作成しました。

ブックブック仙台の一箱古本市で、配ってもらう予定です。

tugumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

月いち古書即売会

 こんばんは

 隊員 加井です

 大阪は、蒸し暑い日曜日 本をめぐる1日でした

 朝、ブッククロッシングの本を登録し仙台へリリースするために配送手続き

 計5冊の本を旅立たせる

 行ってらっしゃ~い

 それから、谷町で開催されている古書即売会へ!

      第19回谷町月いち古書即売会
      日時:6月19日(金)~21日(日)
       10:00~18:00 *最終日は16時まで
        場所:大阪古書会館

 先日の書店員ナイト@広島に参加して下さった方から教えていただきましたが、

 古書会館の1Fが解放されていて、即売会を開催(月イチ)しているようです

 さすがの品揃え…古書に触れるようになり、間もない私は若干オロオロ(汗)

 結局、江戸川乱歩全集を購入♪

 

 さぁ、これから中崎町へフリーペーパーのトークショーに行くぞ!と

 意気込んだのはいいけれど

 場所がつかめず、会場へ電話

 親切に近くの目印を案内して下さったが、なんせ大阪歴3ヶ月目の私

 しかも、方向音痴と来ている…

 わからない~(T T)

 携帯で地図を見るが、小さすぎてわからない

 あぁ、時間ばかりが過ぎていく

 

 結局、あきらめて帰路につくことに決めました

 (JAMのスタッフの方、親切な案内ありがとうございました!

  ナンダロウさん、お会いできず申し訳ございません(T T))

 帰りに、重松清著の

 「娘に語るお父さんの歴史」 を購入

 今月はカタリベにも参加でき、大阪での本に関する情報も少しずつ

 触れるようになったなぁ

 今日は、中崎町でブッククロッシングのゾーンも偶然発見!

 バタバタの1日でしたが、休日を堪能

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

書店員ナイトvol.2 in カフェパコ

こんばんわ。隊員のtugumiです。

   6月16日(火)

 「書店員ナイト vol.2 in カフェパコ」 を開催しましたsign03

第一回からのリピーターさま、

日頃から公私ともにお世話になっている書店、古書店の方、

新聞記事等を読んで参加希望された方、呉市から足をのばしてくださった方、

お好み本ひろしま隊員を含めて、36名の本好きが集まりました。

お好み本ひろしまのスタッフも、自分たちが楽しむ気満々なので

ドリンク注文を伺ったりしません。

氷水入り巨大ボウルに缶ビールを突っ込み、小鉢をドリンク券入れにして

カウンターに置いただけ。

田舎の無人販売のような状態で、イベントスタートbeerbeer

P1000020

 今回は  マジシャン バーニーさんのマジックショーもshine  P1000023_2

挨拶と名刺交換から始まり・・・

書店員さん同士のあるあるネタで盛り上がるグループあり。

古書店を開業する場合の情報収集をするスタッフあり。

特に誰も仕切らない空気のなか、ゆるーく楽しんで頂いたでしょうか。

新刊書店と古書店の方々が、ビール片手に語り合っている後ろ姿など

なんともいい雰囲気を(勝手に)感じましたhappy01

最後は、コーヒーとデザートで締め。

「本好きに悪人なし」 と、本好きの友人が言ってたけど(特に根拠なく)

ホンマかもなぁ~と、思った夜でしたclover

P1000024_2

 ■今回の反省■

  ・デジカメを忘れない。

  ・撮影を忘れない。

  ・イベント参加者に皿洗いをさせない。

   (Tさん、有難うございました!近いうちに何らかの形でお礼します!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

カフェパコ~袋町裏通りへ

こんばんわ。隊員のtugumiです。

本日は、ブック・クロッシングゾーンであり、書店員ナイトvol.2の会場でもある

フェアトレードコーヒーショップCafePaco(カフェパコ)さんへ行ってきました。

繁華街から少し離れており、広めのフロアにソファやテーブルがゆったりと

配置されているので、落ち着けるお店です。

(入口ドアが、入れないように塞いであったので、一瞬 お店が無くなった!?と、

 驚きましたが、左側に変わってたんですね。今の方がいい感じです。)

ヒヨコ豆のカレーとコーヒーを頂きながら、イベントの段取りをイメージ。

今回は定員30人という大所帯なので、受付の準備もしっかりしないと・・・。

帰り際にスタッフの女性に、イベントについて ご挨拶させて頂きました。

その後、一箱古本市を開催する予定の裏袋周辺へ。

袋町公園の一角では、小学生位の子供達がサッカー(フットサル?)をやってました。

ピンクのシャツを着た審判らしき人達も。大会か練習試合でしょうか。

P1000016中心部にある割に広くて緑も多い公園なので、

今日みたいな暑い日は、木陰で涼む大人が目立ちました。

一箱古本市を裏通りで開催するべく動き出してから、

この辺りをよく通るようになりましたが、店構えに凝ったお店が多くて、

200~300メートル位の距離を、立ち止まりながらゆっくり歩くのが楽しい。

P1000014

P1000012

今日は暑かったのと平日ということで 人どおりはまばら。

今は家主さん募集の段階だけど、

11月の本番、この通りを歩く人たちが、ゆっくりゆっくり立ち止まりながら、

一箱古本市と町歩きを楽しんでくれるように頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

大阪でカタリベ


こんばんは。隊員 加井です。

今週末、「千里丘カタリベ - コーヒーと語る -」に


申し込みました♪

ブッククロッシングのサポートリーダーの方とも久しぶりにお会いします

会場はcafe & food may (JR 千里丘駅徒歩3分)


「コーヒーと語る」というサブタイトルからも推察されますが

コーヒー、美味しいお店のようで…

コーヒー好きな私は、そこにも惹かれてワクワクです


どんな本を持っていこうかな…

詳しい様子はまた後日


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

栞の代わりって

隊員のtugumiです。

今日は、映画館サロンシネマで深作欣二監督「黒薔薇の館」を観てきました。

(丸山明宏、田村正和の若さにビックリ。あと川津祐介の濡れた捨て犬のような表情が良かった。)

で、映画の前に、広島市内を運転しながらラジオを聴いていると

「飲食店で出される紙製の箸袋をどうしてる?」という話題があり

「折って箸置きを作る」「くっついてる部分を剥がしてバラす」などの意見の他に

「本の栞がわりに使う」 っていうのを聴いて、驚きました。

そういう使い方する人もいるんだなぁ~。

ページの端っこを折ったり、カバーの折り返しを挟む人もいますよね。

(自分は貧乏性で、曲げたり折ったり、ライン引いたりができない性分ですが。)

そういえば、本好きな知り合いに会って「今これ読んでます。」と、本を渡した時、

ページの間から栞代わりにしてた居酒屋の名刺が出てきて、

「なんで・・・。まぁ、あなたらしいけど。」って言われたっけ・・・。

今度、書店員ナイトかカタリベカフェを開催した時には、

参加者に聞いてみようかな。

今日から広島では「とうかさん」が始まります。

「とうかさん」の後は、お好み本ひろしま2009実行委員の第5回ミーティングです。

さて、資料の準備を急ぐとしますか。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

あと5ヶ月で始まる。

時間のことを考えるとわけがわからなくなるが、すでに6月へ突入。

お好み本イベント本番まで約5ヶ月となった。

おおよそのイベント内容とゲスト布陣は決まった。

あとは、集客となる。あとは・・・・、と簡単にいったが本当はここからどんどん厳しくなってくる。「一箱古本市」をとっても、出店者の募集と大家さんの告知募集がある。

また、資金についても本格的に協賛企業などを募るための「チラシ・パンフレット」の作成にも早々着手しないといけない。

山積になっている事柄をいかに、崩さずにひとつひとつやっつけていくことができるか? 

しかしながら実はもうイベントの成功は見えていると思っている。

それは来広してくれるゲスト布陣のおもしろさに裏付けされている。

後日発表するが誰一人として、どんなことを話してくれるのかが見えない。

予定調和がどんな場合でも、一番くだらないのとは正反対に話の内容が全く見えないことが一番楽しい。

自分が思い描いているようにすすんでいくのは素晴らしい。でも、ことの進む様が予想できるのは、それとは違ってほんとつまらない。最近この違いがちょっとわかり始めてきていてる。

あす、6月3日14時45分~ 

   大分OBSラジオ「おしゃべりボックス」 の、生放送に出演するので、できれば「お好み本ひろしま2009」の宣伝をさせてもらおう。

                                    財津

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »