« 最高の贅沢を考えてみれば | トップページ | 本日も大漁。 »

2009年6月28日 (日)

お父さんの歴史

 こんばんは。

 隊員 加井です。

 本日、おやすみのため、読書の時間を作ろうとするも…

 非常にねむく、1日中ごろごろと過ごした

 ねすぎ…愛犬も一緒にごろごろと

 その合間に、先週購入した

 「娘に語るお父さんの歴史」を読書

 これが面白い!

 著者の重松清さんは岡山出身

 プロフィールを調べてみると、さまざまな分野で活躍

 幼少の頃の様子も知る事が出来た

 軽快なタッチで娘との歴史の語り合いが表現されている

 主人公が生きてきた時代を振り返りながら

 時の小旅行をしている気分

 読みやすく、親しみやすい作品だと思う

 2009062800390000

 「歴史」と「思い出」の違い、娘に語るお父さんの歴史

 こんな話が親になった時に子供と出来たらな…と思い

 父とお酒を酌み交わしたくなった

 今年は祖父の初盆

 実家に帰り、芋焼酎を父と(いい時間だろうなぁ)

 しか〜し、父は九州男児なのに焼酎をのむと一瞬でねてしまう

 じゃ、日本酒か…

 

 お酒をのみながら、読書もいいもんだ

 風にあたりたくて、インターネットカフェまで自転車でドライブ

 

 

|

« 最高の贅沢を考えてみれば | トップページ | 本日も大漁。 »

いい本を読もう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1172231/30310315

この記事へのトラックバック一覧です: お父さんの歴史:

« 最高の贅沢を考えてみれば | トップページ | 本日も大漁。 »