日記・コラム・つぶやき

2009年7月23日 (木)

怖い話は

こんばんわ。

隊員のtugumiです。

怖い話って、お好きですか?苦手ですか?

子供の頃、読んで怖かった本を、最近また読みたくなってきました。

 小説なら 「猿の手」「モルグ街の殺人」「振り子と陥穽」

 漫画なら 「へび少女」「エコエコアザラク」「カルラ舞う!」

今でも怖いだろうか、同じように。

今日は出かけた先でちょっと怖い思いをしてしまい、

(本を読んで怖さの疑似体験をするのはいいけど、

 現実には体験したくないことってありますね。)

「心にやさしいものが欲しいー」と、アカデミィ書店で購入した

映画「白い風船」のパンフを読みました。

P1002556

主人公の少女ラジェが可愛いこの作品。

読みながら思い出して気力を回復heart

tugumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

自転車でぐるり

こんばんわ。

月曜に、自転車を買いましたtugumiです。

P1002549

この夏から秋にかけて、

この子と一緒にイベント頑張ります。

自転車購入後、太田川沿いの道から基町の護国神社に向かい、

交通安全ステッカーを購入しました。早速ペタ。

P1002552

安全対策を施したところで、本川町のLOUTOへ。

この日は「JOICE ON THE TABLE」個展の最終日でした。

器を買うつもりが、洋梨のペンダントトップと青林檎ブローチを衝動買い。

あと、穴あきおさじとサワカンパニー発行の雑誌「手の間」も購入。

おさじは、お世話になってるBAR「Pretty伊達」のママにお土産です。

帰り道はきれいな夕焼け。イベントの日も晴れるといいな。

P1002544_2 P1002547 P1002546 P1002548

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

本日も大漁。

こんばんわ。

隊員のtugumiです。

本業で先週末より静岡に出張していましたが、

昨日広島に戻ってまいりました。

今日は古本屋さんと本屋さんをはしごして、

200907032127000

なんか、勢いがついて

いろいろ買ってしまいました。

まずは霞っ子クラブの「あなたが猟奇殺人犯を裁く日」から

読み始めようと思います。

雨が降りそうな天候の中、

袋町近辺をウロウロしながら、イベント会場に使えそうな場所を物色。

「ここでトークショーできたらいいな~」っていう場所を見つけたので、

果たして借りられるのか、早いとこ調べてみようと思います。

tugumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

栞の代わりって

隊員のtugumiです。

今日は、映画館サロンシネマで深作欣二監督「黒薔薇の館」を観てきました。

(丸山明宏、田村正和の若さにビックリ。あと川津祐介の濡れた捨て犬のような表情が良かった。)

で、映画の前に、広島市内を運転しながらラジオを聴いていると

「飲食店で出される紙製の箸袋をどうしてる?」という話題があり

「折って箸置きを作る」「くっついてる部分を剥がしてバラす」などの意見の他に

「本の栞がわりに使う」 っていうのを聴いて、驚きました。

そういう使い方する人もいるんだなぁ~。

ページの端っこを折ったり、カバーの折り返しを挟む人もいますよね。

(自分は貧乏性で、曲げたり折ったり、ライン引いたりができない性分ですが。)

そういえば、本好きな知り合いに会って「今これ読んでます。」と、本を渡した時、

ページの間から栞代わりにしてた居酒屋の名刺が出てきて、

「なんで・・・。まぁ、あなたらしいけど。」って言われたっけ・・・。

今度、書店員ナイトかカタリベカフェを開催した時には、

参加者に聞いてみようかな。

今日から広島では「とうかさん」が始まります。

「とうかさん」の後は、お好み本ひろしま2009実行委員の第5回ミーティングです。

さて、資料の準備を急ぐとしますか。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

本ハンティング&読書

こんばんわ。

隊員のtugumiです。

広島初のイベント「書店員ナイト」と「空中一箱古本市」が終わりました。

本のイベント開催前後は、本を読む時間がなかなか取れなかったので

先週末~今週は、取り返すように本屋さんを巡ってリハビリしてきました。

先週末は、市内の絵本専門店「えほんてなぶる」で

P1000003_2 ガブリエル・バンサンの「あめのひのピクニック」

福音館書店の「ぐりとぐら 絵はがきの本」を購入。

絵はがきは、大阪の姪っこと甥っこに送ります。

喜んでくれるかなnotes

火曜日は、広島駅前「ジュンク堂」で

P1000008_2 ガブリエル・バンサンの「小天使ブリュッセルをゆく・・・」と

北尾トロさんの「裁判長!おもいっきり悩んでもいいすか」を購入。

「小天使・・・」では、

巻末のなにか企んでるらしい天使の横顔が特にお気に入りheart01

P1000009_2

裁判員になったら・・・どういう答えを出せるか。

裁判所に傍聴に行く機会はあるけれど、なかなかスッパリとした

判断は出せないだろう。タイトル通り、おもいっきり悩むだろう。

だから、この本は明日以降じっくり読む予定です。

で、本日はまた「えほんてなブル」さんへ。

P1000010 P1000011

バーバラ・クーニーの「ルピナスさん」と

ムーミンのポストカードブック、

マージョリー・フラック絵の

「ふわふわしっぽと小さな金のくつ」を購入。

どちらも色づかいが美しくて癒されます catface

家に帰り、中島らもの「寝ずの番」とレオポール・ショヴォの「年を歴た鰐の話」を読む。

P1000006 P1000007

「寝ずの番」三話目では、ちょんこ節などの歌合戦で

さんざん笑わせて、最後にほろりとさせるオチに

まんまとやられました。

「年を歴た…」はブックオフで800円で購入したものですが、これは良かった!

 (本当は装丁の違うタイプのが欲しかったけどね。)

またカタリベカフェを開催する時には、持っていくかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

一箱古本市in不忍 思いだしながらアレコレ③

こんにちわ。

隊員のtugumiです。

今日の広島は朝からカンペキな晴れsun。暑いくらいの天気になりそうです。

夜は「お好み本ひろしま」のミーティングの予定。

さて、不忍の振り返り ラストです。

隊長に店番をお願いし、一箱古本市の他のスポットを巡っていきました。

入口のドラエモンがかわいい特別養護老人ホーム谷中では「モンガ堂」さんで絵本を購入。

往来堂書店では、今回 私がマスキングテープ使いのアイデアに一目惚れした

「歩きながら考える」さんで少しお話させていただきました。

撮影を快く了解してくださった店主さんは、優しい笑顔が素敵なお二人でした。

P1000001P1000002

←カードをカラフルなテープで貼り付けてあります。

 シンプルでかわいいheart01

 チラシをくださる時に、箱からカードを ピッ と

 はがして付けてくれました。

 ありがとうございます。

西側半分を堪能し、古書ほうろうから残りのスポットをまた早足で巡っていきました。

(途中、午前中に「お好み本ひろしま」に寄ってくれた男性に会い、軽く会釈。

この方は後でまたご来店してくださり、ご購入頂きました。ありがとうございます。)

アートスペース・ゲントで大島弓子のコミックを購入した後、やっと音地へ戻りました。

1時間でどれだけ本が売れているか、すごーく心配だったのですが・・・大丈夫でしたhappy01

午前中なかなか買い手のつかなかった漫画が半分近く無くなり、その他の小説や絵本も

順調に売れていた様子。隊長グッジョブgood

残り1時間位から、売り切りたい店主の値下げが始まりました。

お好み本ひろしまも、動きの悪い本を思い切って値下げ。

親に「自分のお小遣いで買いなさい」と言われて、1冊40円になった「ドラえもん」の中で

どの本を選ぶか、真剣に悩んで吟味している様子が微笑ましいclover

広島に学生時代に住んでいたという方、仕事で広島に行くことがあるという方、

ピーターラビットの豆本セットを悩んだ末に買ってくださったカップルの方、

本を売りつつ、お客さんとの会話するのが本当に楽しいnotes

「古本市残り時間わずかですよー。」「ただいまセールが始まってまーす。」

路地の人通りは少なくなってきたものの、最後の1分までどの店主も声を出しながら

一生懸命売り切りました。

16時、一箱古本市終了しました。

スリップを元に売上冊数と金額を集計。

売上記入シートと二人分のアンケートを記入し、スタッフの方に渡しました。

(確かアンケートには、約17,000円で55冊位と書いた気がしますが、帰りの新幹線で

 数え直したら21,280円で57冊でした。集計用に電卓は必要ですね。反省coldsweats01。)

準備は1時間、片付けは15分。

素敵な場所を貸してくださった音地の大家さんご夫婦、

音地で一緒に販売した個性的な店主の皆さん、

お世話になった助っ人さんと実行委員の方々、

もっとお話ししたい、名残惜しいという気持ちでいっぱいでしたが

お礼とお別れのご挨拶をして、音地を後にしました。

隊長と今日のことを色々話しつつ、日暮里駅から東京駅へ移動しました。

新幹線の時間まで、地下街の回転寿司「元気寿司」に行き、ビールで乾杯beer

「ぼろ屋」さんに勧められたお酒の味見を我慢したのも、この一杯のため。

(元気寿司は落ち着いた感じのお店で、ビールも熱燗も美味しくいただきました。

 大阪の某有名芸人さん似の店員さんがいて、楽しかったです。)

24時前に広島駅に到着bullettrain

方向の違う隊長と別れた後、電車で帰る体力が無くなったのでタクシーで帰宅。

たった一日の一箱古本市への参加でしたが、本当に楽しい一日でした。

当日関わった全ての人に感謝heart01です。

5月~11月のイベントでも、参加してくださる方に楽しんでもらえるように準備を進め、

私たち実行委員自身も楽しみながら開催したいな、と改めて思いました。

岡崎さん、南陀楼さん、本当にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

一箱古本市in不忍  思い出しながらアレコレ②

こんばんわ。

隊員のtugumiです。

不忍の一箱古本市の振り返りの続きです。

5月3日()10時に貸はらっぱ音地へ集合。

音地には書評家の岡崎武志さんも店主としてご家族と参加されていました。

隊長と違って岡崎さんと初対面の私は、緊張のあまり「よろしくお願いします。」と、

挨拶させて頂くだけで、もういっぱいいっぱいでした。

(挨拶の際に、「あぁ、酒豪の~」と言い当てられたのは何故?bottle

さて、貸はらっぱ音地にて、大家さんと助っ人さんからの注意事項など連絡を伺った後

それぞれの店主が出店の準備に取り掛かりました。

出店場所は代表者によるジャンケンの結果、岡崎武志堂から2店お隣の場所に決定!

なかなかの好立地です。(隊長は「無欲の勝利」と言ってましたが・・・どうかなぁcoldsweats01

キャリーカートから、「お好み本ひろしま」の看板、持ってきた本を出して出店準備。

音地での出店は7店。他の店舗の品揃えや見栄えが気になって周りをチラチラ…。

特に右隣の「文句堂」さんは、ダンボールを開いたフタ()の内側にカラフルな

イラストペーパーが貼られてて、正直「やられた~」ってほどカッコ良いbearing

隊長がPOPや本を並べている間に、追加のスリップと釣り銭、手提げ袋を用意。

小説・漫画・絵本など、ジャンルも混沌としてますが、まぁこれも味でしょう。

準備の1時間はあっという間に過ぎ、いよいよ11時。

shine本日の一箱古本市スタートです。 

「全く売れなかったらどうしよう」と、

ずーっと不安に思ってましたが…杞憂でしたね。

まずは女性のお客さまが絵本を気に入って下さり、即ご購入!

「ありがとうございます!」思わず笑顔で深々とお辞儀happy02

不安だった分、本当に嬉しいnotes

天気もよく、路地には周辺のお寺にツツジ見物に来たらしい人達も多かったです。

隊長は入口近くに立って、呼び込みを頑張ってくれました。

音地の奥に出店している岡崎武志さんも接客しつつ、大きな声で「古本市やってますよー」と

呼びかけて盛り上げてくださいました。

南陀楼綾繁さんが「牢名主のよう」と評していたのを読み、あまりにピッタリな表現に納得catface

昼を過ぎて落ち着いてきた頃、隊長と店番をかわり番こして他の会場を見に向かいました。

今回は我々がプレゼンターとなって「お好み本ひろしま賞」を贈ることになっているので

他の会場を回って、お店を選ばないいけないのですmaple

西から攻めるコースを選び、店名を確認しながら回りました。

欲しい本を買ったり、店主さんとお話したりしてるうちに、熱いくらいの日差しにsun

往来堂書店ー古書ほうろうーコシヅカハムー辺りで日差しはピークsweat01

結構距離があったので途中はやや駆け足。

「次に来る時はスニーカーで来よう」と、心に誓いました。

坂道を登りながら、実家近くの坂道を登る小学生時代の自分を思い出す。

谷中から西日暮里は坂が多く、歩いて行くと風景が変わっていくのが楽しいnotes

日焼けし&汗だらけの状態でしたが「いい場所だなぁ~」と和む。

つづきと売上結果はまた明日更新します。

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

一箱古本市in不忍  思い出しながらアレコレ①

こんばんわ。隊員のtugumiです。

5月3日(土)に不忍ブックストリートの「一箱古本市」に

隊長と一緒に参加して参りました!

すでに隊長が結果と感想などを書き込んで下さっていますので、

以下は私なりの振り返りと感想など、です。

(不忍参加の強行スケジュールと、翌日からの仕事でさすがに体力が切れましたwobbly

思い出しながらちょっとずつ書き込ませて頂きます。)

5月2日(金)は広島で仕事。

「残業が発生しませんように〜」と祈りながら、ほぼ定時で仕事を終了shine

そのままダッシュで最寄りの天神川駅へdash

本の重みでギシギシ鳴くカートを引っ張って、広島駅の新幹線のりばへ向い、

隊長と無事に合流。  いざ、不忍sign03

仕事で慣れてるだろうから、東京での乗り継ぎの時は、隊長の後を

ヒヨコのようについて行けばいいやーと、思ってましたが、甘かったchick

駅から当日の宿泊先まで、ラーメン屋台のおっちゃんやモスバーガーのお兄ちゃんに

親切に教えてもらいながら、なんとか到着buildingし、

翌日の準備(お互いの本の内容・値段の確認、スリップの書き込みなど)を済ませる。

5月3日(土)の朝は、うす曇りながらも過ごしやすそうな天候。

腹が減っては・・・ということで、朝食もご飯をお代わりし、万全の態勢で千駄木駅へ。

千駄木に着いたところで、隊長が南陀楼綾繁さんに電話phoneto

(電話の内容は5月5日のブログの通りですsweat01

地図を片手に坂道を登り、出店場所である「貸はらっぱ 音地」の場所を確認する。

(音地は、綿毛のタンポポがいっぱいの可愛らしくも懐かしいはらっぱでしたheart01

集合の10時までに少し時間があったので、ルノアールで珈琲をいただくcafeが、

そこに置いてあったスポーツ新聞で忌野清志郎が亡くなったことを知り、驚く。

隊長とRCの話をしながら再び「音地」へ。

家主さん、店主さん、助っ人さんが集合し、注意事項の説明や名札・アンケートなどを受け取る。

いよいよ 一箱古本市開催まで、あと1時間!!fuji

以上、つづきはまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

中国新聞で紹介されました

4月10日
広島は新市民球場でのカープ地元開幕戦で
周囲の話題が真っ赤っ赤に染まった一日でした~smile

と、そんな中、
中国新聞(28面)にでかでか
“読書好きが集い
 広島ブックフェス「お好み本2009」11月に開催”
の話題が載りました

守田記者、ありがとうheart04


さぁ~ これから忙しくなるぞーーー

我々のデビュー戦は、
5月16日-17日に開催される
「広島市まちづくり市民交流プラザ/フェスタ2009」
(場所:広島市中区袋町・広島市まちづくり市民交流プラザ)です

あの美しい渡り廊下を「一箱古本市」の路面に変身させて
しっかり、アピールしちゃいます( ̄ー ̄) ムフフー

(ショウコ隊員)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

「一箱古本市」から「普門館」まで

こんばんは。

隊員のtugumiです。

ブッククロッシングを昨年末に始めたばかりの

本とお酒をこよなく愛する新米ブッククロッサーですhappy01

隊長がすでにコメントされていますが、第二回ミーティングでは

南陀楼さんに「一箱古本市」の具体的な内容から

広島でのイベント開催に向けたアドバイスなどお話して頂きました。

一箱古本市は期待以上に楽しそうな内容で、お話を伺いながら

「自分が出店するなら本の品揃えは…」

「屋号は…」

「スリップのデザインは…」

と、思わず楽しく妄想してしまいましたheart01

南陀楼さんは、隊員の質問ひとつひとつに対し、丁寧かつ面白く

お話してくださる素敵な方でした。

可能であればいつか「普門館4回出場」という演奏も聴いてみたいなぁnotenote

さて、いよいよ やるべきことが明確になってきた「広島での本のイベント」。

私自身も楽しみながら、実現にむけて頑張ります!

本日は「ちくわ笛」で有名な住宅さんのパレード&結婚式bellということで、

久々に岡山表町に行ってまいります。

では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧