いい本を読もう。

2009年7月17日 (金)

夏の笑顔によみがえる、未来。

7月14日は東日本のたびを終え、第三回「本のある生活 ~本活のすすめ~」へのラジオ出演でした。

広島に関連して本を2冊。

一冊は 1958年の広島を写した写真集、もう一冊は「ひろしまをさがそう」というこれもまた

写真集です。

 HIROSHIMA 1958

    インスクリプト刊 エマニュエル・リヴァ 撮影、編集が 港千尋+クリスティーヌ・ドウ・ヴァセル

  作家の岡崎武志さんからご紹介いただいたこの写真集は、フランスの女優 リヴァが映画の撮影で広島に滞在している間に、広島を撮影したものです。

終戦、原爆投下後たった13年後に、ひとびとはなんと「生」と「精」を体中から発散しているのか。

ラジオで私は、こういいました。

 「戦争と被爆は確かに、悲惨の一言なんだけれども、

 その悲惨の向こう側にある、光をみることも、戦争と原爆をみることの

 別の側面ではないか」と。

戦争を体感していない世代の、非常に勝手な言い分であり、ましては広島に15年しか

生活していないよそ者の勝手な言い分である。

でも、ともすれば悲惨すぎて、「戦争と原爆についてなかなかストレートに思考出来ない」

と、いう今現在30代~40代の意見もあるかと思う。

悲惨さを理解しても、そこに停滞しているのではなく、そこから光に向かってきた

力を見ることができる写真だ。

              夏の笑顔によみがえる、未来。

ここ数年の本の帯では、突出した最高のコピーだと思います。


 「ひろしまをさがそう」という写真集も、未来と言う光を見つめながら、広島を探そう、という

 メッセージを発散している一冊。

原爆投下前後の建物の写真を見ることができる。

3名の共著であり、それぞれの熱と想いがモノクロのこの本に詰まっていることが

すぐにわかるはずだ。

 2冊に共通するのは、本として面白いこと。

そして、読み終えると「光」を確かに確認できること。

 最後のページを閉じた瞬間に、読み手の最高の笑顔が現れることだろう。


たった60年ちょっと前に、なにもかもなくなった土地に、2009年 新しい野球場がスタートするまでに

いたるには、それこそ光を見つめながらではなければ、到底成し遂げられないものがあった。

先人はどんな光を見つめていたのか。

「HIROSHI1958」に見る笑顔と同じ笑顔を今、見ることができるのか。

 復興と進歩と引き換えに何かを失ったなどと言う陳腐な決まり文句に

惑わされること無く、47歳の私は、47年後に47歳になる見知らぬ誰かも光をみることが

できることを信じて、そのための「本と読書」を意地でも言い続ける。

私にはそれしかできないが、私にはそれができるはず。

あと数年で迎える(はずの)50歳と共に、少しづつ顔を出してきている

使命感のようなものに、決して押しつぶされること無く素直に向き合いたい。

目の前のできることに、一所懸命に取り組もうと思う。

11月7日 8日の「お好み本ひろしま2009」 は、きっと広島が本の宇宙になることだろう。

ひとりでいいんだ。

中学を卒業してから、一冊も本なんて読んだことなんてない少年が、

読書を好きになることを願いたい。

それが秋の本のイベントの願いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

お父さんの歴史

 こんばんは。

 隊員 加井です。

 本日、おやすみのため、読書の時間を作ろうとするも…

 非常にねむく、1日中ごろごろと過ごした

 ねすぎ…愛犬も一緒にごろごろと

 その合間に、先週購入した

 「娘に語るお父さんの歴史」を読書

 これが面白い!

 著者の重松清さんは岡山出身

 プロフィールを調べてみると、さまざまな分野で活躍

 幼少の頃の様子も知る事が出来た

 軽快なタッチで娘との歴史の語り合いが表現されている

 主人公が生きてきた時代を振り返りながら

 時の小旅行をしている気分

 読みやすく、親しみやすい作品だと思う

 2009062800390000

 「歴史」と「思い出」の違い、娘に語るお父さんの歴史

 こんな話が親になった時に子供と出来たらな…と思い

 父とお酒を酌み交わしたくなった

 今年は祖父の初盆

 実家に帰り、芋焼酎を父と(いい時間だろうなぁ)

 しか〜し、父は九州男児なのに焼酎をのむと一瞬でねてしまう

 じゃ、日本酒か…

 

 お酒をのみながら、読書もいいもんだ

 風にあたりたくて、インターネットカフェまで自転車でドライブ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

最高の贅沢を考えてみれば

 あまり人の来ない温泉で、お湯につかっては、本を読み、また

お湯に入っては本を読む。

美味い料理と美味い酒を飲み夢うつつで本を読む。

 やっぱり理想は一人がいいなあ。

 そんな将来を確かに見据えて、まあ、今日は家の風呂で半身浴。

身軽になった分、より一層このイベントを楽しみたい。

さあ、次のプレイベントは

       何にしようか? どんどんいきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

太宰治検定 やってみました

空中一箱古本市でも お世話になった南陀楼綾繁さんが

今月号の文藝春秋に 「70点で人間失格 太宰治検定」 を掲載されてます。

全50問(一問正解ごとに2点)で、70点以上なら

 評価 :立派な「人間失格」ですが、太宰とは友達になれるでしょう。

と、いうことらしいです。

太宰作品をたいして読んでいない私も、立派な「人間失格」を目指し、

挑戦してみましたが・・・、上級篇は、ほぼ全滅。

 結果 : 48点

 評価 : やや陰があります。

なんとも地味ーな結果ですが、まぁ、こんなもんでしょう。

本当は「検定の結果を6月19日に報告する」と、友人に話してたのに

当日、飲みに行った先で楽しく飲みすぎてしまい、更新が遅れました。

こちらも地味ーに「人間失格」気味。

今日は、仕事終了後、自宅で11月7日8日のイベントチラシを作成しました。

ブックブック仙台の一箱古本市で、配ってもらう予定です。

tugumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

アダム・スミス「道徳感情論」と「国富論」

すでに著名になられた人の講演や、著名人同士の対談を手軽に出版できて、

そして、読み手も「手軽に読めて」「簡単で」「さらっと読める」新書へ、数多くの

出版社が参入している。


雑誌の巻等記事と変わらないような中身の新書もあれば、

本気で書籍価格の何倍もの知識と想いを伝えようとしている新書もある。


中央公論新社 中公新書は、講談社現代新書、岩波新書と並んで、「三大新書」と

言われているが、まさに、「三大」といっていい作品が並ぶ。


無論、単純に文字数の多さなどで比較しているわけではない。


「本質的に言うと・・」とは言い換えれば、

「私の言いたいこととは・・・」となる、と書いていたのも、同じ中公新書の

「詭弁論理学」だが(これも秀作!!)、「アダム・スミス」は1700年代に

書かれた、アダムスミスの2つの作品を、著者がよりわかりやすく、より

「伝えたい」という気持から完成している、まさしく「本質」にせまる作品となっている。


 一文のみ引用させていただく。


P164

 「交換とは、同感、説得性向、交換性向、そして自愛心という人間の能力や

 性質にもとづいて行われる互恵的行為である。そして、市場とは、多数の人が参加して

 世話の交換を行なう場である。

 したがって、市場は本来、互恵の場であって、競争の場ではない。」


 この一文だけでも、本当に自分の腑に落としていれば、経営者は無論、

 営業員などは特に、目の覚める想いであろう。


しかし、「財産への道」を歩む人々が市場に参加することによって、競争が発生する、と続く。


「それは国や社会にとって決して悪いことではない」とアダムスミスは、言う。


但し、「      」が最低の条件である、と明言する。


  さあ、「   」の中身はなんでしょう?


いま、己の仕事へ疑問、道標がちょっとぼやけている人にとっては、

まさしく「本質」が突きつけられます。


 迷わず、己の仕事に取り組みたい方は、この「アダムスミス」を

 購入するべきです。

また、コーチングやNLPに取り組んでいる人も、読んでおいたほうがいい。



 図書館にまずいけばいい、なければ、書店で買いましょう!!

 立ち読みは、自分のものにならないのでやめたほうがいい。


  1000円でお釣りが来ます。

こんな、費用対効果の高い「自己投資」はおそらく他にはない。

 暴力のない社会は「口承」が作り出す。

「本」はその口承の一部であるだけだ。

でも、本は、1700年代に書かれたものでも、こうして
私に大きな「口承」をもたらしてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)